Curble Wider

腰への負担は座っている時がもっとも高いんです

スウェーデンの有名な脊髄外科医であるDr.ナッケムソンの研究によると、腰をかがめる姿勢はたち姿勢に比べて腰への負担が85%増加します。背筋を伸ばして座るだけで、背骨にかかる負荷が最大30%減少します。

このような方々にお勧めします

  • 背中が痛む方

  • 姿勢を正したい方

  • 長時間運転する方

  • 長時間の座り作業をする方

  • 長時間椅子に座っている学生

curble chairで正しい姿勢に

curble chair WIDERの主な特徴

  • 二重構造の生地

    柔らかい感触

  • エアホールウェイシステム

    快適な通気性

  • 高弾力のサポート

    心地よい腰へのサポート

  • 尾てい骨を立ち上げる

    インナーマッスルの矯正

  • テコの原理

    腰への負荷を軽減

Feature 01.

腰を支える最適な角度

Curble Chairの座面裏は14度持ち上がっており、座った姿勢で自然に体が前に動きます。この時、Curble Chairが腰を押し上げてサポートし、自然にまっすぐで美しい姿勢になります。

着座時

curble chairに座っている時、テコの原理の効果で自然に腰を押し上げ正しい姿勢を作ります。正しい姿勢で座ると、腰・背骨や関節の負荷を最大30%軽減します。



尾てい骨を持ち上げ、腰をサポート

尾てい骨が自然に持ち上げられ、背骨への負担を分散させ、同時にインナーマッスルを矯正します。

Feature 02.

人間工学に基づいた
高弾力デザイン

curble chairの人間工学的に考え抜かれた高弾性素材は、
最大364kgの荷重に耐え、
どんな肩の腰も快適にサポートします。

最大364kgの対荷重

高弾性素材で作られたチェアが、
テコの原理によって自然に腰を押し上げ正しい姿勢をつくります。

curble chair WIDERの背もたれは、
正しい姿勢を保ちながら背中にフィットし続けます。

* KCL最大荷重負荷テスト

Feature 03.

腰の負荷の軽減

カーブルチェアは腰に集中する負荷を自然に分散させ、快適に長時間座れるように設計されています。

ボトムにある湾曲の効果で、チェアが骨盤と一緒に動き、背骨をまっすぐに保つことができます。

Feature 04.

エアホールウェイシステム

エアホールウェイシステムとクッションの縫い付けを工夫し、
空気を循環させ長時間でも快適に使用できます。

30分使用後の比較

Feature 05.

二重構造のクッション

二重構造のクッションがチェアを身体にフィットさせ、
腰の両側を優しくもしっかりサポートします。

Feature 06.

高い安全性

「6つの国際規格、12のヨーロッパ規格」で揮発性有機化合物や有害物質は検出されませんでした。

SGS、INTERTEK、KOTITIでの検査の全てで、12種類の揮発性有機化合物(6つの主要なROHS / ヨーロッパ規格)は検出されないという結果が出ています。

本体樹脂

ポリウレタンフォーム

両面テープ

生地

Feature 07.

姿勢を良くする習慣を
生活に取り入れよう

快適で健康な生活。
いつでもどこでも簡単に使えるので、1日を楽しい日にしましょう。